BLS研修会を行いました。

平成30年2月27日に当院職員を対象としたBLS研修が開催されました。BLSとは、Basic Life Support(一次救命処置)の略称です。まず、DVDを観ながら説明を受け、その後、BLS研修用の人形を使用して意識の観察から胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの使用方法を学びました。実際の場面を想定した訓練で緊迫感がありました。


入職したケアワーカーから「はじめての研修で緊張しましたが、実際に経験できて良かったです。」という声がありました。また、今までに医療従事者としてBLS研修を受けた人も多くいましたが、終了後に、「やらないと忘れてしまいそうです。今後も研修をお願いします。」といった声があり、改めて知識や技術を再確認することができる良い機会となりました。
                                              文責 看護教育部長 安藤美佐